VOL15妊娠体質をつくる食べ方 高たんぱくがポイント

2021年12月27日

  • たんぱく質を摂りましょう

 糖質を減らした分、肉や魚などのたんぱく質を摂りましょう!たんぱく質は、

 血糖値の上がり方がゆるやかですので、太る心配はありません。体は、たん

 ぱく質で作られています。できれば、毎食摂りましょう。おやつで摂るのも

 オススメです。

 ※ たんぱく質は、アレルギーを作りやすいので、同じ食材を毎日続けて摂らない

   ようにしてください。

  • 動物性たんぱく質と植物性たんぱく質

 たんぱく質には、肉や魚などに含まれる、「動物性たんぱく質」と「植物性

 たんぱく質」があります。植物性たんぱく質だけでは、体の中で有効活用さ

 れにくく、豆腐や納豆などの植物性たんぱく質だけを食べていると、ダイ

 エットには成功しても、筋肉が落ちたり、低栄養になっていたりすることも

 あります。

  • たんぱく質の摂りかた

 ①肉・魚・卵・豆類を手のひら一つ分(約100g)ずつ摂る

 ②動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を一緒に摂る

   動物性たんぱく質は、植物性たんぱく質に比べて、吸収率が高く、効率的に

   摂取できます。どちらも、バランスよく摂りましょう。

 ③おやつもたんぱく質をとるようにする

   おすすめのおやつ:ノンフライのナッツ、チーズ、ゆで卵、無糖ヨーグルト、

             煮干し、枝豆などです。

    ※ たんぱく質のおやつだからといって、たくさん食べると、エネルギー

      過多になるので、注意しましょう。