VOL14妊娠体質をつくる食べ方 低糖質

2021年12月27日

低糖質な食べ方

  • 糖化とは

「糖化」とは、体の中で、余分な糖とたんぱく質が結びついて、AGEが生み出され、たんぱく質が変質、劣化する状態のことをいいます。AGEは、強い毒性を持ち、大量に生み出されると、シミやシワなどの老化が進むのはもちろんのこと、全身の老化を進行させてしまいます。

AGEの蓄積場所によっては、認知症、脳梗塞、心筋梗塞などの脳血管障害、白内障、骨粗しょう症など、さまざまな病気の原因となります。

  • 糖化は、卵子の老化にもつながります

卵子も例外ではなく、AGEが蓄積されている患者さんは、卵胞の発育や受精、胚発育が不良という報告もあります。一般的に、40代になると、卵の数が減りはじめますが、AGEが蓄積されている患者さんでは、もっと早く、30代半ばから急激に採卵できる数が減ってくるというデータもあります。

  • 糖化をできるだけ防ぐには

糖質も、健康を維持するために大切な栄養素ですから、まったく摂らないのも良くありません。なので、糖化はある程度は避けられないものです。しかし、食生活を改善することで、糖化を遅らせることはできます。一番の方法は、「血糖値を急上昇させないこと」です。

  • 極端な糖質制限はしないこと

糖質制限に夢中になりすぎて、摂取カロリーが減ってしまうと、栄養不足になり、妊娠を遠ざけてしまいます。大切なのは、糖質の過剰摂取を避け、たんぱく質や質の良い脂質をしっかり摂ることです。