VOL.5妊娠体質をつくる栄養素【鉄】

2021年12月26日

鉄=粘膜を作る材料

赤ちゃんにとって、居心地の良いベッドをつくるために必要な栄養素

赤血球を作ったり、体内に酸素を運ぶ

 

1日の目安 妊娠前:2mg 妊娠中:4mg

               妊娠中は、おなかの赤ちゃんに酸素を届けなければならないため、倍の量が必要

鉄が不足すると起こること

 ・頭痛、めまい、手足の冷え、疲労感、息切れ、肩こり

 ・ニキビができやすかったり、湿疹が治りにくくなる    

 ・コラーゲンが再合成できなくなり、シミやシワが増える

 ・骨の合成にも鉄が関わっているので、骨がもろくなる

 

鉄を多く含む食材

 アサリ、豚レバー、鶏レバー、牛レバー、牛モモ赤身肉、カツオ、煮干し

 ほうれん草、ひじき、プルーン

 

 ※鉄には、動物性のヘム鉄と植物性の非ヘム鉄があり、動物性のヘム鉄の方が、

  吸収率が高いといわれています。

    また、お茶やコーヒーに含まれるタンニンや玄米やイモ類に含まれる食物繊維は、

    非ヘム鉄の吸収を妨げてしまうので、食べる時には、注意が必要です。