マタニティ整体

  • 無事に臨月を迎えられるかどうか不安
  • 整体を受けたいのに、妊娠中ということで施術を断られる
  • 妊娠してから、肩こり、腰痛、股関節痛等の症状が悪化した
  • 朝、だるくてベットからなかなか出られない
  • 歩くのが辛く、買い物に行くのにも一苦労

妊娠中によくある症状として、頭痛・肩こり・腰痛・脚のむくみ・足がつる・イライラなどが

妊娠中のこういった症状は、ホルモンのバランスが崩れる事によって自律神経に影響を及ぼす事が要因になっています。又、精神的に出産に対する不安がありストレスがたまることやお腹の中で大きくなる赤ちゃんによって姿勢が変化してくる事・その赤ちゃんの重さで下半身の血行が悪くなることも要因となります。

こういった不安や悩みを解消する為に、妊娠中の体に負担の無い様に施術を行っていきます。

横向きでお腹に負担をかけないように、全身をほぐしていきます。骨格矯正はまず、ストレッチを加えながらゆっくりと動きをつけて骨格のバランスを整えを整えて、上記の症状を改善させていきます

はなまる整骨院のマタニティ整体はこれらの悩みを解決します。

整体マタニティヨガ

妊娠中のつわりや逆子はWHO(世界保健機関)でも、鍼灸治療の適応となっています。
鍼灸施術では血液やリンパの流れを良くして、むくみを改善したり、腰痛などの痛みを和らげたりします。

マタニティ整体は行っているところが少なく、妊婦の方は薬がお腹の赤ちゃんに良くないと、痛みを我慢して生活されています。
そういったストレスを溜め込む事もよくないです。
はなまる整骨院ではマタニティ整体を学び、妊婦の方に優しくて安全な整体を実施しています。

逆子の治療について

妊娠中お腹の中で赤ちゃんの頭が下になっている状態を頭位といいますが、これに対して頭が上になっている状態を骨盤位と呼ばれ、逆の状態になっていることから、”逆子”と言われています。

何故、逆子になるか原因不明でほとんどの逆子は自然と正常位に戻るとされています。

しかし、33週を過ぎてしまうと正常位に戻る確立はぐんと減ります。

以下がデータにはなりますが、

  • 25週~28週(妊娠7ヶ月)  30.2%
  • 29週~32週(妊娠8ヶ月) 22.0%
  • 33週~36週(妊娠9ヶ月) 13.6%
  • 37週以降(10ヶ月)     4.3%

当院のスタッフは32週前までの逆子を何度も正常位にした経験を持っています。

自然に逆子が正常位になると言われていますが、
確実に正常位になっている方が、お母様は安心されますね。

安産になりやすいように体を整えることと合わせて少なくとも25週で逆子の方は、はなまる整骨院へご相談してください。

はなまる整骨院|施術の流れ

はなまる整骨院|施術の流れ

仙台市宮城野区はなまる整骨院の症例

宮城野区20代女性

妊娠7ケ月腰痛で通院されておりました。腰痛が大分解決したころで検診にて逆子が発覚4回の鍼灸施術にて逆子の改善となりました。

※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。